19歳、にゃんドッグ後半年。


にゃんドッグの際、半年おきくらいの血液検査をすすめられたので、約半年ぶりに病院へ。
最近お水を飲む回数が増えたな、と思っていたので聞いてみる。
腎臓病の顕著な症状のひとつ。

血液検査の結果、腎臓系の数値(グルコースとか尿素窒素とか)は前回よりすこーし悪化。
少し脱水を起こしているようで、その分を考えるとむしろほとんど変わらないかも、と。
リパーゼの数値はなぜだか劇的に改善。よかったよかった。

体重も変化なし。
今回いままでよりお水が増えた原因に、腎臓は関係ない様子。
問題は脱水。
背中の皮膚をびろーんとひっぱるとなるほど確かにちょっと戻りが悪い。歯茎や目を見てもらったところ、軽度は軽度のようで処置は必要なしとのこと。老化現象のひとつなので将来的に点滴が必要になる可能性も。覚悟が必要。

脱水対策にはいろんなところにきれいなお水を置いておいて、とのことなので、2箇所追加。
通りすがりに何の躊躇もなく飲むのがかわいい。
夜皮膚を引っ張ってみると、昼よりは戻りがはやい、気がする。

診察料と血液検査で7,000円とちょっと。

『年齢のわりに毛ヅヤがすごくいいですね』といわれて、飼い主はにやにやします。


[PR]
by h_nene_com | 2017-04-12 12:55 | NEKO

高齢猫の健康日記 2018年で20歳。キジトラ白の女子です。体重3キロ。持病は慢性腎不全。


by tane