19歳、病院日記

b0046646_16571129.jpg

先日の血液検査のとき、尿検査もしていたほうがいいとのことで、もらっていたスポイトで尿を確保。
尿採取はシステムトイレのシートをはずして、サランラップを箱っぽくしてから設置、中央に集めて、スポイトで吸う、という方法です。
病院で教えてもらいました。猫砂を経由しますが、それは問題ないようです。

尿検査の結果、だいぶ薄くなってきている様子。
とはいえ、前回とさほど変わりはない様子。
少し白血球の数値が上がっているようで、症状は出てないけど膀胱炎になっているかも、とのこと。

お薬か注射か、となると、前回一度も成功しなかった薬よりこれまで同様注射がうちの猫に合っていると思われるが、いかんせん病院に行ったら、はげる、その後数日機嫌が悪い、何より体のためとはいえすごいストレスがかかっているのは間違いないので、飼い主としても可能な限り、連れて行かずに済む方法を選びたい。
先生に相談すると、だいぶ前吐き出したのとは味が違うお薬があるというので、とりあえずそっちで挑戦してみる。

飲まなかったら注射になるので、頑張ってのんで!と切実に願います。

自宅で採取した尿の検査とお薬一週間分で2000円弱。
無事飲んでくれたとして、一週間後、再度尿検査。


[PR]
by h_nene_com | 2017-04-19 16:45 | NEKO

高齢猫の健康日記 2018年で20歳。キジトラ白の女子です。体重3キロ。持病は慢性腎不全。


by tane