カテゴリ:NEKO( 18 )

今年最後の血液検査です。


20歳、キジトラ、メス。
体重2.9キロ(Max3.0キロ)。
慢性腎不全が少しずつ悪化。
1日おきに皮下点滴100ml。
アンチノール服用。
ごはんは市販の高齢猫用パウチと腎臓サポート。

月1の血液検査結果
BUN 44.6→54.1
CRE 2.8 →3.0

ちょっと悪化していますね。
ですが、点滴のペースは変更なく継続となりました。

2度ほど足をひょこひょこして歩けなくなったのは、アンチノールのおかげか、一度もありません。
なんとなく毛ヅヤもいいような。

無事に2019を迎えられそうです。
ありがとう!



by h_nene_com | 2018-12-20 16:38 | NEKO

高齢猫の発作2度目です。高齢猫は甲高い音にご注意を。


昨年11月に初めて発作を起こしてからほぼちょうど1年、2度目の発作が起こりました。
暴れているのを抱きかかえて、2~3分を目安にとまらないようなら危険の可能性、と先生から聞いていたので、時計を見つめてじっと発作が収まるのを待ちました。
幸い1分もかからず、おさまったのでよかったです。その後は前回同様しばらくふらふらして、徘徊でした。
かかりつけの先生に聞くと、発作後の定番の行動のようです。

1回目の発作の時から気になってたことがありました。
それは発作が「マウスのクリック音(連続)」の直後に起こったことです。
まさかね、と思っていまだ先生に聞いたことはなかったのですが、今回も音は違えど音の直後だったので、原因は音ではないかと思って調べてみました。

「FARS(猫科動物聴覚原性反射発作)」というのがあるそうです。

事の真否は素人にはわかりませんが、うちの子が起こした2度の発作はこれではないかと思っています。

1度目は「マウスのクリック音(連続)」。
仕事をしていて、結構な項目をひとつずつ手でけさなければならず、ひたすらカチカチカチカチしていた最中でした。
軽く20-30回は連続していたと思います。

今回の2度目はスマホのアラーム音の直後でした。
このアラーム音はずっと使っているものです。ただ、今回は私の頭の上で寝ていた彼女の頭の真横で鳴り出したので、そのへんも関係しているのかもしれません。

対策はその音を聞かせない、以外にないそうです。

スマホのアラーム音は近かったせいのイレギュラーかもしれませんが、スマホの電子音はすべておとなしめの音楽に変えました。
音ひやひやです。

これ以外の原因での発作の場合、続く可能性もあるようですが、前回同様、近々では起こらずおそらく今回も原因は音だと思われます。
ただ、発作直後数日は神経?が過敏になっているので、数日は特に注意が必要なようです。


by h_nene_com | 2018-12-02 21:38 | NEKO

20歳 皮下点滴継続中 サプリが追加になりました。


1日おきの皮下点滴100ml、継続中です。
ごはんは、腎臓サポートのかりかり、市販のパウチ(高齢猫用)です。
一度便秘になったときに消火器サポートを追加したのですが、その後点滴での水分と補給とマッサージで便秘解消しました。
月1の血液検査は、悪化も改善もなく。

最近右後ろ足に力が入らなくなるのか下半身がへちょ、となることが2度ほどありました。
その後数分だけですが、しばらく歩けないのです。
もともと子猫の時に左前後の足を骨折していたところを拾った猫なので、最初から将来的に何か出る可能性は考えていましたが、今回痛みがあるようなのは右側でした。

古傷左足にはもともと少し炎症があり、右足にまで問題が出ると、一気に悪いほうへ進みそうで心配だったので、病院へ。
自宅での点滴で通院が減ったのに、ほかにいろいろでますね、ご老体は。

結果は年相応の関節具合で、左足炎症は変わらずとして、他に特別悪い問題はありませんでした、よかった。
ただ、右後ろ足関節にちょっとした不具合がでているようで、一瞬「痛っ!」となるようです。
左足をずっとかばってきて、右足に負荷がかかっていた可能性もありそうです。
数分後には何事もなかったようにすたすた歩くので、総合的にまとめると「加齢によるもの」の範疇ですね。

ただ、痛みが出るのは確かなので、ネットで調べてみると人間のようにグルコサミンとかコンドロイチンとかコラーゲンとか、関節ケアに関する情報が出てくるんですよね。
先生に伺ってみると、上記のいろいろよりいいサプリメントがあるよ、とのことで出してもらいました。
アンチノールというサプリで、なかなか有名なようです。
右足の関節にはもちろん、左足の炎症にもよさそうだとか。
ネット上での評判が大変いいので、あまのじゃくゆえか逆にちょっと怖い気もしましたが。

すんなり食べてくれないので、ちょっと苦労しますが、少しでもよい状態になってくれればいいなと思います。

高齢猫だと、できない加療も少なくありません。
でも、しゃべれない猫が痛がっているのに「歳だから」で何もできないのが、一番つらいので、今回のように何かできることがあるというのはとてもうれしいです。


by h_nene_com | 2018-11-28 21:13 | NEKO

20歳、皮下点滴継続中。


自宅での点滴を始めて一ヶ月が過ぎましたが、経過は順調です。
しばらく通院が重なって耳元にできていた小さなハゲもすっかりなくなりました。

現状としては
①猫のストレスが減った
②猫にストレスをかけているという飼い主のストレスが少し減った
③費用面が少し楽になった

が、大きなメリットだといえます。

デメリットとしては
①点滴がうまくいかない

が、唯一私にとってのデメリットでしょうか。

始めた頃、空気を2回ほど入れてしまってだいぶあわあわしましたが、ラインの取り扱いを覚え、空気が入ることはなくなりました。
ポイントはタコです、タコ。
問題は、血がね、でちゃうんです、結構。
輸液はすいすい入っていっているので、針の刺し方はいいんだと思うのですが、点滴中首周りをよく動かすせいか、飼い主の刺し方に難があるのか、ほぼほぼ血がでちゃうんですよね。
針を抜いた後の抑え方がわるかったりすると、輸液と混ざるので、結構な量出血したのかと最初はあわあわしました。

点滴をする、という行為自体はできているのですが、”上手に”できていなくて大変申し訳なく思うのです。
自宅での点滴とはいえ、本人にもストレスはストレスでしょうし。

ただ、体調はすこぶるよさそうです。
ひどい便秘で摘便してもらったこともあるのですが、水分が足りているせいなのか、最近は快便です。
すごいよ、水分。



by h_nene_com | 2018-10-14 23:48 | NEKO

20歳、自宅での皮下点滴を始めました


週2通院での皮下点滴を始めて一ヶ月。
数値はちょっぴりだけどよくなりました。

これからも継続するにあたって、自宅での皮下点滴を相談し、先生にレクチャーをしてもらい、いざ自宅で点滴です。
Youtubeで動画をいくつも見てイメージトレーニングを繰り返し、本番は意外や意外にさくっとできました。

ちょっと拍子抜けなほどにさくっと。
これは先生のレクチャーもさることながら、動画をがんがん見まくったのがよかったのかもしれません。

これで通院と彼女のストレスが激減です。
すばらしい。
猫の皮下点滴動画をあげてくださった皆様、本当にありがとうございます!
もちろん先生も!

今の彼女の状態だと、週2の通院で1回200mlいれてもらってたのが、自宅でできるとなると一日おきに100mlとなるようです。
一気にどばっといれるよりもコンスタントに入れられるほうがたぶんいいのでしょうね。

点滴がんばるぞ。


by h_nene_com | 2018-09-10 16:27 | NEKO

20歳、皮下点滴をはじめました。


定期的な血液検査の結果、数値は緩やかですが腎臓は確実に悪くなっているようです。
ただ、悪化の症状はまったく目に見えないので困ります。
目視ではいたって元気。
猫も15歳くらいを過ぎたらしゃべれるようにしてくれないと、と猫神様へお願いです。

数値だけでいうと少し前から皮下点滴開始していい時期だったのですが、本人が警戒心が強く病院が苦手なので、できるだけストレスを与えたくないというのと、何よりも症状が一切でていなかったので保留にしていました。
ですが、「病院にかかる」というのは今後確実に必要なことなので、少しでも元気なうちに慣れてもらおうというのと、状況によっては皮下点滴は自宅で可能ということだったので、飼い主がなれるためにも、開始することにしました。

まずは皮下点滴を始めてみてよい状態になるかどうか、検証中です。

皮下点滴後、点滴をした付近の皮下がたぷたぷになるのがかわいいです。
同時に昔はこんな風にむちむちしていたな、と少し悲しくなりました。

通院はストレスだと思いますが、たっぷりの水分補給で少しでも健やかにすごせるような体調になりますように。

by h_nene_com | 2018-08-05 17:37 | NEKO

20歳、便秘になりました。


定期的な尿検査と血液検査でぼちぼち健康維持しています。

最近、便秘になりました。
もともと便秘気味で2日に1回程度だったのが、5日出ず食欲も落ちたので病院へ。
摘便してもらい、すっきりしたのか、すぐに食欲が戻りました。
便秘相当つらかったんですね、ごめんよ。

腎臓サポートに少し消化器サポートを加え、お腹のマッサージを念入りに念入りにすることで、今のところ解消されています。
便秘も高齢猫の定番らしいです。
腎臓サポートで控えている栄養素が消化器サポートに入っているので、そこはきちんと先生に相談しました。

年に1回シャンプーをするのですが、今冬は具合が悪く病院にかかることが多かったので、ストレスを少しでも減らすため控えていました。
冬にするのはこたつとストーブが乾かすのに大活躍するから。ドライヤーで乾かしますが、嫌がりますし、何よりきっちり乾かすのに相当時間がかかるので、こたつ&ストーブが欠かせません。

春になり、数値が落ち着き、便秘も解消されたところで、シャンプー決行です。
ただ、ペット用なのにシャンプーの香りが強くて気になっていたので、高齢であることも考え、お湯に浸かってシャワーで流して終了です。
無香料のシャンプーもあるようですが、本来洗う必要ないくらい汚れてもいないので、いいかなと。
おそらくうちの子の毛が汚れているとしたら、ほとんど飼い主の顔の脂だと思われます。

シャンプーなしだと時短だし、毛は思った以上にさらさらになりました。
もともとくさかったわけじゃないし、十分です、さらさらふわふわしています。
ただ肉球はたまには洗わないと、トイレで結構な確立で踏んでますから。



by h_nene_com | 2018-04-26 17:11 | NEKO

高齢猫対策


18歳くらいからだったか、急激に下半身の筋肉が落ちてきて、皮が余って、背骨が出てきて、毎日なでるたびに悲しくなりました。
腎不全はゆるやかに進行しています。

慢性腎不全の高齢猫が快適に暮らせるように以下を実行。

①バリアフリー
 飛び乗るところに固めのクッションを設置し、階段状に。
 まだまだ今までどおりジャンプはできますが、まれに足を踏み外しそうになります。
 突然上れなくなってあきらめてしまうより、少しでも長く自分の足で動けるように。
 でもいろんなところにクッションとかおいてあるので掃除が面倒です。
 
②腎不全対策に水飲み場を増やしました。
 目に付いたところに水があれば飲むとのことで病院で教えてもらいました。
 今までどおりのキッチンのほかリビング、寝室に設置。
 効果は大でした。キッチンにはごはんとお水があるのに、ごはんだけ食べて寝室の水を飲みに行ったり、妙なことをします。
 リビングのお水も通りすがりに、あらお水があるのね風に飲んでいるようです。
 3箇所あるのに1箇所だけお水の量が激減していたりして偏りがあります。
 短期サイクルで場所ブームがあるようで、今はリビングのお水をがぶ飲みです。
 腎不全には水分補給が大事なので功を奏してくれてよかったです。

③ジャンプに失敗したりソファから足を滑らしたりしても笑わない。
 プライドが傷つくそうです。
 享年20歳の実家の猫は落ちるたびにゲラゲラ笑われ、その後数日はそこに上らなかったのですが、おそらく原因はこれです。
 うちの子はまだ稀になのですが、怪我をしていないかの確認だけをして笑いはこらえています。

④高台から荒野を見下ろすライオンのように
 まだ自分で登れるのでいいのですが、猫は自分で上れなくても「高いところにいる」という事実が自尊心を保つのによいそうです。
 将来自力で登れなくなっても、女王が座す玉座のように高くて安全な場所へ抱っこしてあげようと思います。
 
⑤ブラッシングとマッサージと運動
 ブラッシングのおかげか毛は未だツヤツヤしています。
 マッサージはわざわざしているというより、寝る前にベットでいちゃいちゃするのが日課なのでそのときに外側を5本指でぐいーっと撫で、内側も同様に、手足の関節をほぐして、手足をぎゅっぎゅ。
 肉球をもみもみ、耳周りをほぐして目の周辺、お鼻の周辺を軽くマッサージしています。
 わざわざやっているというよりは、日々のスキンシップ内でやってる感じです。耳も触られるのがすきそうなのでそこも。
 運動はうずうずしているときに追っかけたり球とったりして遊んでいます。
 最近は昼間はほとんど寝ているので、動くのは主に夜だけです。夜1時ごろ寝ようと思って布団に入ったあたりで顔にかわいい手をちょいちょいされるので寝たいのをぐっとこらえて遊んでいます。

幸い先月の発作は一回きりで、その後は本当に何事もなかったように元気です。
とはいえ、おそらく年齢が原因だとするなら、今後も可能性は十分にあるわけですが。

腎不全悪化の兆候としては、吐く回数が増えるとかトイレの回数が増えるとか水を飲む量が増える、などなどあるので今後も注意深く見守って生きたいです。
高齢猫を抱えて一番困るのは、深夜対応してくれる動物病院が近くにないことですね。

健やかに1分でも1秒でも長く生きられますように。



by h_nene_com | 2017-12-23 18:26 | NEKO

発作後の病院結果



発作の原因として主に考えられるのが
①高齢
②脳の疾患
③尿毒症

うちのこの場合、①該当②MRIで全身麻酔での検査になるので年齢的に難しく、確認できない③精密な血液検査の結果、尿毒症ではない。

③に関してはクレアチニンなど、前回の結果よりもよくなっていたくらいで、とりあえず慢性腎不全については悪化はしていないようです。
グルコース158 尿素窒素40.6 クレアチニン2.8

確実に③がなくなった以上、②の可能性も強くなるわけではありますが、”可能性がない”とは絶対言えないが現在の健康状態からみても低いだろうというあくまで推測で終了。
推測を是とするなら、一番強い可能性はやっぱり③。

しばらくは”発作が出やすい状態”になるようで、次また発作が出た場合1分以上続いたら座薬で対応となりました。
ききすぎると呼吸ができなくなったりするとかで、年齢的に考えて通常より弱い量を処方してもらいました。
”呼吸ができなくなる”なんて医療経験者じゃない素人からするとその言葉だけで十分怖い・・。

単純にネットで2~3分以上なら許容範囲、5分以上は危険等みかけていたので、1分は早いような気もしましたが、近日中に発作がでたらそれは短いスパンでの2回目となり、それだけで危険度がアップするわけです。
それにうちのこの場合、薬は通常の1回分を自分で半分に切ってあげないといけないので、

もし発作→1分はかる→冷蔵庫に座薬を取りに行く→あける・切る→手袋を装着→座薬投入

となると、2~3分は軽くなるかもしれません。
ましてやパニックで暴れている場合、抱きかかえながらの作業になると、さらにですね。
もちろん、座薬スタンバイまでに収まっていてくれればそれにこしたことはないわけで。
発作が続くと脳や体に負担がかかるのは間違いなく、後遺症が残る可能性もあるとのことで十分用心が必要です。

とりあえずは発作がでないことを祈りつつ、うちのこ対策としては

・目の届かないところでは高いところに行くのは禁止。まだキャットタワーとかひょいひょい上るので。
 (突然の発作で高いところから落ちて大怪我する可能性)

発作の原因もですが、何がきっかけなのかわからないのでこれ以上はどうしようもないですね。

突然の発作に対するまとめとしては

・猫がパニックになって走り回り、ものにぶつかって危ないので抱きかかえる等が必要
・パニックのせいで飼い主さんをがぶりといくことがあるので何かにくるんだほうがいい
・すっごい怖いけど、動画がとれるならそれにこしたことはない。本当怖いけど。でも時間も計れる&あとで先生に説明しやすい
・一般的に言われているのは5分以上続くと危険。なかなか発作がおさまらない場合はただちに動物病院に電話してください

可能性はもちろんありますが、発作=死ではないみたいなので、とりあえずはあせらず冷静に、でしょうか。
初めてだと本当にパニくりますので。



by h_nene_com | 2017-11-27 16:44 | NEKO

19歳、突然の発作。


夜11時半ごろ。

ひざの上で寝ていたにゃんこが突然しっぽをぼん、とさせ、何かから逃げるかのように走りだしました。
わけもわからずつかまえて暴れるにゃんこをじっとおさえつけ(もちろんやさしく、でも暴れるのを止めるように)、様子を見ていると
目を見開いて呼吸が苦しそうで、手足がピーンとしていて口回りがびっしょり(おそらくよだれ)で、このまま息が止まってしまうのではないかと怖くて怖くて、ただこの苦しそうなことが早く終わることだけを祈りました。

少しだけ冷静でいられたのは、ネットでしょっちゅう「高齢猫」について調べていたので、もしかしたら痙攣かてんかんかもしれないということが頭をよぎったおかげです。
やわらかいものでけがをしないようにつつんで、じっと耐えて待つ、と読んだことがありました。
あくまで無事に容態が落ち着いたから言えることではありますが、予備知識の大事さ痛感しました。

突然のことで時間を計ることができなかったのですが、数分のことだったと思います。

手足の硬直がおさまり、呼吸が安定してくると、起き上がろうとするけど、手足はがくがく、何とか歩いてもふらふらとしていましたが、それも数分のことで、そのあとはしばらくぼんやりとしたあと、通常運転に戻りました。

この時どれほど胸をなでおろしたことか、おさまるだろう可能性を信じていても、怖くて怖くてあとからがたがた来ました。

改めて調べてみたことは、あくまで「てんかん」だったと仮定すると※

①突然始まる
 →◎
②暴れまわるのでけがをしないようにする必要がある
 →対処法ですが、何とかできました。
③原因は脳に関係するか、尿毒症か、生まれつきか、高齢ゆえか
 →こればかりはなんとも。
④落ちついた後ごはんをよく食べる
 →◎。さっきあんなことがあったのが嘘のように本来なら終わっていた食事をさらに要求し、カリカリもがっつり食べてました。

※獣医学知識のない素人がネット上で調べたことにすぎませんの真否の保証はできませんのでご注意ください。 

その夜は興奮冷めやらぬという感じで超遊んでモードで走り回り、夜もベットの中で寝ることもなく、次の日は朝からコタツの中で爆睡してました。
今もぐっすり寝ていますが、夕方病院がすいた時間を見計らって行ってきます。

ちなみに1回のみの発作でその後一切ない場合はてんかんと言わないそうです。
願わくばそうであることを。



by h_nene_com | 2017-11-24 14:59 | NEKO

高齢猫の健康日記 2018年でおそらく満20歳。キジトラ白の女子です。体重3キロ。持病は慢性腎不全。


by tane
更新通知を受け取る